会社案内|社長メッセージ

社長メッセージ

 平成30年1月末に高射幸性遊技機撤去及びみなし機撤去に伴う規制強化が遊技業業界を疲弊している現状は皆様周知の事と思います。当然、我が社もパーラーパーク三木店の営業撤退は一定の影響を受けた結果です。
 しかし、これからの株式会社ウメダは適正な経費を明確にし、地域の方々に信頼を受ける企業にならなくてはなりません。かつて千利休は「一期一会」を唱えお茶を振舞って最高のおもてなしをしました。まさにサービス業こそ「一期一会」の精神で、今出来る最高のおもてなしをお客様へご提供していく事です。遊技機に依存した時代から、人と人の繋がりこそこれからの遊技業界に必要なアイテムとなり原点回帰する事です。
 今年度の方針もさることながら、企業理念も変更した意味は社員一同が株式会社ウメダは遊技業だけに特化した企業から時代の変化に伴い業態変革が出来る企業を目指す意識を持って頂きたいと思っております。仮に遊技業界が突然無くなれば無くなる企業ではダメなのです。
 社員の皆様に今年度是非とも実行して頂きたい目標が一つあります。「創意工夫」です。
 古臭いと思われる方もいらっしゃると思いますが「創意工夫」の意味が理解出来た上で実行して頂きたいと思います。一番大切な部分は「今まで誰も思いつかなかった事」を考えてみてください。
 また、考えれば近くの人に口に出して伝えてみてください。その中で生まれるコミュニケーションこそが大切であり、今の我が社に必要不可欠な事です。
 当然私も実行します。新年度は本当の意味で、社員の皆様と初めましてといえる年度です。
 是非とも「創意工夫」の今年度したいと思っております。

代表取締役 中村鶴輔